徒然ひとり言
▼戯れ言
※   ※


2011 4.28


やばいです! 美しい従姉妹、1〜6までは順調に書き進めて来ま
したが7の後半と言うか終盤に至り、わるい癖がひょっこりと頭を
もたげて来たのです。

あの恐れていた感情… 「飽き」の襲来です。

序盤のモタつきもあり、当初は6〜7話で完結予定だった「美しい
従姉妹」シリーズも、結局は9話まで伸びてしまいそうに成り、さ
すがに「飽き」てしまいました。

そこで、気分転換の為に、新作(仮題)「嗚呼、大学の同好会」に
取りかかり、前後編の前編を形にしたのですが、ここでも序盤に予
想を上回るページを消費してしまい、前編に予定していた8割程度
の内容しか詰め込むことが出来ませんでした。

このまま後編に取りかかるべきか? それとも「飽き」を気力でね
じ伏せて「従姉妹」シリーズの完結を目指すべきか? それだけで
も悩みところなのに、構想は数年前から温めていて、物語りの完成
度は40パーセントほどの読みきりモノの(仮題)「女教師の憂鬱」
が、最近、特に気になっているのです。

おまけに、ここにきて新宮の一族のシリーズである「覇狐の帰還」
の続編まで思い付いてしまい、おおまかな粗筋まで書き上げてしま
ったから始末に悪いんですよ。

まあ、こんな風にポンポンと新しい物語りを思い付くのは調子が悪
く無い証拠なんですが、そうなると、今度はキーボードを叩く手の
遅さに苛立って来ます。

とりあえず今週末は「美しい従姉妹」の2をアップの予定ですので
時間がありましたが覗きに来てくださると嬉しいです。
4/28(木)15:45
 
▼御無沙汰でした
4月24日

自然の猛威の前では人間は余りにも無力であることを、改めて東北関東
大震災で思い知らされました。被災を免れた地域に暮らす者として、協
力できる事と言えば、頭に浮かぶのは募金と節電でした。

個人レベルで可能な限り節電に取り組むと同時に、ささやかながら募金
も行なってきましたが、他になにか出来る事はないかと思い、このホー
ムページのトップに、代表的な募金受け付け機関へのリンクを張らせて
もらっています。

でも、それだけではナンなので、集客を目的として、しばらくの間、週
間での更新を再開しようと考えた次第なのです。やっつけでの再開と成
りますので、準備期間が乏しく、お話の煮詰めも不足気味ですが、ひと
りでも多くの方に来てもらい、募金の方にも御協力を賜れば、こんなに
嬉しいことはありません。

今週、再開の第1弾としてアップした「美しい従姉妹」は、私にしては
珍しく長篇と成り、今のところは6〜7話程度でおさまれば良いかな?
と目論んでいます。

次いで、前回の短期間の更新再開の際に準備しておきながら、上手く話
をまとめ切れずにお蔵入りさせた「倉の中の闇」前後編を、大幅に改定
した「倉の中の闇(改)」さらに、女教師を主人公にした一話完結もの
と、同じく女教師と生徒の関係を描いた3〜4話ものの中編、女性将校
を主役に用いた軍隊モノの前後編、などを用意している最中です。

拙い素人のエロ小説ですが、どうか暫しの間おつき合い下さいませ。
4/24(日)2:39
 
▼2202
※ 12月6日 ※

ワンパターンも磨けば光る! 開き直れば恐く無い! と、言う
標語がぴったりの感が強い「でりへる」後編をアップしました。
まあ、大方の皆さんは後編の最初の方で、もうオチが見えてしま
ったと思いますが、これが夜桜のアジと諦めて、どうか苦笑いし
ながら見のがして下さいね。

さて、いよいよ12月、今月一杯で一応週間更新をやめるつもり
でしたが、なんだか、もう少しだけ続けられそうな雰囲気も出て
来ました。と、言うのも、過去の書きかけ倉庫を漁っていたら、
いろいろと興味深いお話を発掘してしまったのですよ。

思いのほか時間が掛かったワリに、いまひとつ納得が行かず、こ
のままお蔵入りさせようと思っていた近親相姦モノの「倉の中の
闇」前後編を無かった事にしても、なんとか1月中ごろまでのお
話の確保が出来そうです。

とりあえず、来週は明るい高校生活を描いた一話完結の『天文部
』、そして再来週には。これまた過去から発掘ものの『一夜限り
… 』を、アップするつもりです。もっとも、『一夜限り… 』
の前に、他のお話が挟まるかも知れません。本来であれば取りか
かっているハズだった『仮題・ダンジョン』と、『仮題・淫獣狩
人』は、粗筋をもう少し練りたいので凍結中なんです。


12/6(日)2:33
 
▼夜桜
※ 11月28日 ※

デリヘル 前編をアップしました。これも前編の半分くら
いまでは5年前に書きかけていたお話でしたが、当時のあ
らすじメモが残っていた事から比較的に楽に最後まで辿り
着きました。愛欲まみれのドロドロさ加減が良い案配じゃ
ないかな? と、自負しています。後編は、もっとドロド
ロベチャベチャになりますから楽しみにしていて下さい。
(^^;

停滞期脱出と言いますか、ここ数日俄然物語りが浮かび始
めました。と、言うのもハードディスクの底をさらってい
て、むかしむかしのアイディア集を発掘してしまったので
す。まあ、10あるとすれば、その中で、おっ! これは
! と、思うのは1〜2くらいなのですが、懐かしさ込み
上げてくると同時に、各種の続編に関する古い構想も出て
来たのです。

さすがに、あの頃の思いつきをそのまま生かすのは無理が
ありますが、(たとえば携帯電話の爆発的な普及のせいで
、いろいろな不都合満載なんです)それでも、なんとか使
えそうなお話もチラホラ出て来ましたので、それが楽しみ
なんですよ。

とりあえず、週間更新は年内いっぱいと思っていましたが
この分で行くと来年の1月までは継続可能に成るかも知れ
ません。さて、どう成りますか?



11/28(土)23:27
 
▼夜桜
※ 11月22日 ※

課長・島津孝作 アップしました。このお話は思い付いた
時から最後まで、比較的にブレが少なかったですね。年功
序列の崩れた現代で苦しむ中年、初老層のサラリーマンに
対するエールを込めて書き上げました。
(虚言度120パーセント)(^^)

えっと、下書き完了したのは良いけれども、いまひとつ納
得が行かず、お蔵入りさせるかどうか考慮中の(仮題)「
倉の中の闇」以来、どうも新作に入る気概がわいてこない
事から、こりゃ、マズイと思っていましたが、過去の醸造
品の中から(仮題)「一夜限りの… 」をサルベージする
事にしました。

さすがに4〜5年前のお話ですので、現在とは些か状況が
異なっていますが、新作候補にイマイチ気乗りがしないと
言うか、個人的に魅力を感じるお話には、もう少し煮詰め
が欲しいと思う状況なので、時間稼ぎでは無いのですが、
放置プレイ中だった(仮題)「一夜限りの… 」を仕上げ
てみる事にしました。

なんか、気が乗った時には2つ3つのお話を平行して、ガ
ンガンとキーボードを叩く事ができるのですが、なにかの
拍子(思った様にお話が進まないとか、書き上げてみても
、なんか違和感があるとか… )で、不意に気力が削がれ
てしまうことがあります。もう少し、コンスタントに取り
組めれば良いと思いますが、中々難しいですよ。(^^;

来週は「でりへる」の前編をアップの予定です。言わずと
知れたデリバリー・ヘルスを題材に取った、夜桜テイスト
満載のお話だと自負しています。これを書いている時は妙
にテンションが高く、ノリノリだったなぁ… (遠い目)


11/22(日)21:30
 
最新投稿古い投稿

Presented by Z-Z BOARD