宗教話
1:無名さん

友光賢二郎 爆死

友光賢二郎が某スーパーマーケットでプリキュアの絵柄のポケットティッシュを83840円相当買うという爆買いをしたところ、町内会が企画した福引き券を83枚もらい、さっそく福引きのガラガラを回したが82回連続で参加賞の「町内会長の自宅の埃の入った小瓶」を当て、ダメもとで最後に回したところ、見事に182等の「スイッチの入った時限爆弾」を当て、係員が箱から爆弾を取りだし、スイッチを入れ友光に渡し係員や関係者、周囲にいた一般人は一斉にその場から全力疾走で逃げ出し、友光が一人取り残され、数秒後に友光の持っていた爆弾が作動し、友光は跡形も無くなったとのこと。
爆破テロではないのかという疑いで警察が出動する騒ぎとなりましたが、訳を話しその場は凌げたようです。
 
▼お名前

▼コメント(必須)



最新レスを表示する
Presented by Z-Z BOARD